artmania アーティスト塾

・ 次回アーティスト塾日程は→ こちら  お申し込みは → こちらです。
アーティストの皆さん、こんな悩みを抱えていませんか? 頑張っているのに、結果がでない・・一生懸命制作して、作品展も開催しているのに知名度も上がらず、仕事に繋がっていかないのはなぜだろう・・作品を買ってくれる人は時々いるけれど、ファンになってもらえたようには思えない・・展覧会にくるのは、いつも友人や知人ばかり・・なにをどう良くしていけばいいのか分からない・・どのような方法で売っていけばいいのだろう・・

【注意】

※もしあなたが、そのようなお悩みを抱えていらっしゃらなければ、あなたの貴重なお時間の浪費になってしまいますので、今すぐこのページを読むのをお止めになってください。

そうでない方は、あと5分だけ、このページにお付き合いください。最後に、あなたのお悩みを解消するお手伝いとなれるご提案を用意しております。

制作→展示→制作→展示→制作→展示→?

売れていきたいという願望を持ち、 アーティストとして活動していく以上、だれもが必ずぶつかる『壁』があります。

それは、このまま続けていって作家として売れていくのだろうか? という壁です。

人によっては、『私は趣味の範囲でアーティスト活動をしているだけです』という人もいますが、 そういったスタンスでのアーティスト活動でも、人に注目される可能性はありますし、 存分に「楽しみとしてのアート」を続けていかれることは素晴らしいことだと思います。

ただし、売れていきたいという願望があるのであれば、ただなんとなく作品を作り、ただなんとなく展示をするという姿勢では、壁を突き抜けることはありません

努力の方向性を明確にせずにいると、
「なんで今回はうまくいったのか」
「なんで今回はうまくいかなかったのか」
その理由が分からなくなってしまいます。

そしていつしか、「何をやったらいいのかわからない・・・」と、挫折の道をたどる方がほとんどなのです。

『じゃあ、どうしたらいいの?』

そう疑問を思えたあなたは、誰かに頼らずに自分で自分をプロデュースしていく時期に差し掛かっています。

企画画廊に入るとしても、作品が売れるようにしていくとしても、
自分で自分をプロデュースする力・技術=セルフプロデュースの能力は、壁を突き抜けるために必要なことです。

壁を突き抜ける力 = セルフプロデュース力

昨今、アートに携わる業界人・知識人が、いろいろな講演、テレビや雑誌の取材などにおいて『作家活動におけるセルフプロデュース』の重要性を説いています。

『セルフプロデュースと言う言葉自体は聞いたことがある』という方もたくさんいらっしゃる事でしょう。

では、セルフプロデュースという言葉を知っている人が、実際に自分をセルフプロデュース出来ているかというと、答えは「NO」だと思います。

なぜでしょうか?

どうやればセルフプロデュースが出来ていくのか、その具体的な方法を知らないのです。
そして、具体的方法を知っていたとしても、実行し続けることが出来ないのです。

また、『セルフプロデュースが重要である』と説いている方々も、さまざまな理由から、なかなか具体的な方法については触れることが少ないというのが美術業界における現状です。

壁を突き抜けることが出来るか出来ないかの『違い』とは、

・セルフプロデュースの具体的な方法を知っているか、知らないかという『違い』
・その具体的な方法を実行し続けることができるかどうかの『違い』

大きく言うと、これだけしかありません。

あなたがこの2つの『違い』を分かってしまえば、作家としての壁を軽々と突き抜け、飛躍していくことでしょう。

では、その具体的な『違い』について、お話していこうと思います。

セルフプロデュースをする為には何が必要なの?

肝心の『セルフプロデュース』の中身はどういう事が含まれているのでしょうか?

ここまで読み進められたあなたにとって、当然の疑問でしょう。

ここで、その『答え』を明かしてしまおうと思います

次のようなことが、セルフプロデュースの全体像と言えます。

  • 作品制作
  • 作品や作家を商品として売り出す為の企画立案
  • 展覧会の宣伝
  • 広告
  • 販売

これらの項目を、1人でもくもくとやっていけるのであれば、必ず『売れる作家』になります。少なくとも、『売れる作家に近づく』ことはできるでしょう。

セルフプロデュースの全体像

また、これらのセルフプロデュースの項目をやっていくために、重要なことがあります。
それが『戦略』です。

『戦略』の全体像は、たとえば次のようなものです。

  • 何を売っていくか?
  • 作品を売り出したいのか又は自分を売り出していくのか?
  • 作家として『作品や自分』を『商品』と捕える考え方の切替
  • 売り出し方の構図
  • ポートフォリオ、スケジュール、宣伝告知の方向性と濃度

これらの『戦略』を持つことで、より明確な方向でセルフプロデュースを行うことにつながり、
ひいては、スピードアップにつながるのです。

セルフプロデュースと戦略

でも、私にもできるのかな・・・?不安です。

『こんなにたくさんのことを1人でやるなんて大変!』と思った方もいらっしゃるかもしれません。

どんなことでも、なにか物事を始めるとき、誰しも最初は初めてです。

そして、大なり小なり不安を抱えてしまうことも、それは普通のことです。

私達の提唱するやり方は、いわゆる『濡れてに粟』だったり、『棚からぼた餅』といった、楽してうまくいく方法を期待している人には合わないやり方です。

誤解を恐れずに言えば、私たちの提唱するやり方は、あくまでも『堅実なやり方』であり、こつこつと積み重ねることで、結果につながるやり方です。

この時点で「お前らの言ってることは違うと思う」とお考えになる方には、あえて受講していただきたくない内容のカリキュラムになっております。

不安をコントロールする

作品作るのだけで精一杯、誰か他の人に売ってもらいたいと思っているようでは、

制作→展示→制作→展示→制作→展示→?

と何も変わりません。目的地がどこにあるか分からないマラソンをしているようなものです。

『いままでやったことが無いことをやる』というのは、心理的に抵抗のある人もいることでしょう。

しかし、出来ない理由を作り、行動しない理由を作っているのは自分自身です。

心に壁を作っているのも、自分でしかありません。

過去の経験、周囲の声から壁を作り上げてしまっているのでしょう。

それでも、その出来事を聞き入れて信じている自分もいるわけです。

しかし、その壁を乗り越える判断をするのも自分。出来ると信じるのも自分。

出来る道を描き、作って行くのも自分でしかないのです。

このページに辿りついたあなたは、少なくともどこかで『自分を変えたい』『何かを変えたい』と思っているのではないでしょうか。

不安とはわからない事に対して起る現象です。
考え方を切り替え、実行することで不安を乗り越え前へ進んでいけるのです。

セルフプロデュースをする事によって、展覧会が目的のあるビジネスの場となり、自分又は作品を売り出していく為の武器となっていくのです。

アーティストにとってもビジネス戦略は大切な時代になってきています。

アーティスト塾は、万全のサポート体制であなたの戦略的な作家活動の後押しをいたします。

お客様の声(講師にアドバイスを受けた皆様のお手紙)

「私の作風や活動をわかって頂いてアドバイスして頂けるので、今後の改善点が具体的になりました。」 - アーティスト名「こんどうゆう」様 こんどうゆう様からのお手紙

・ アーティストとして制作以外で共通する悩みや疑問点を取り上げてくれているので
受講するとその先に見えてくる物や方法が変わり、色んな意味で前に進めそうな気がします。

・私の作風や活動をわかって頂いてアドバイスして頂けるので、今後の改善点が具体的になりました。

「目からウロコ、びっくりするほどタメになる」 - アーティスト名「あっちょ」様 あっちょ様からのお手紙

自分自身では個展やPR活動を積極的にやっているはずと思っていましたが、
ギャラリーで富田さんの"アーティストのセルフプロデュース"のお話を聞いて目からウロコ、びっくりするほどタメになる話が聞けました。

これからは、聞いた話を活かしていきたいと思います!お話ありがとうございました!

「いかに伝わるポートフォリオを作る事が大切か、が身にしみました。アドバイスを頂きながら、制作や展示をする事によって得られるものがたくさんあると感じました。」 - アーティスト名「秋森美幸」様 秋森美幸様からのお手紙

・ポートフォリオの作成について
「アート=○○○」という事から、「ポートフォリオ=○○○○」として、どう制作していくか、 具体的に、内容・コンセプトの決め方等をわかりやすく教えて頂けました。
いかに伝わるポートフォリオを作る事が大切か、が身にしみました。
まず、何を伝えたいのかを探すところからはじめてみようと思います。

・売込み手順について
基本的な情報の集め方やコツなどを知ることができ、 今後の活動の参考になりました。

今回の体験講座をとおして、是非アーティスト塾に参加してみたいと思いました。 アドバイスを頂きながら、制作や展示をする事によって得られるものがたくさんあると感じました。

「今まで自分のアーティストとしての活動に具体的なアドバイスをもらう機会がなかったので、このセミナーを体験してみて、今自分が何をやっていけばいいのか知ることができました。」 - アーティスト名「Begonia Rina」様 Begonia Rina様からのお手紙

私はポートフォリオの作り方や自分の作品の売り込み方について、全く知識が無い状態だったので、今後自分がどのように活動していけばいいのか見えてきました。

●まず自信のポートフォリオについて・・・
沢山あるポートフォリオの中から自分のを選んで見てもらうには、

・まず○○から作り込んでいく事(○○○○○○など)

・○○○○○○に○○○ので、それをまとめて○○○をつけ分かりやすくする

・○○のところに○○○○○○○○○○を入れる

など・・・

足りない部分を沢山発見することができました。

●売り込み方について・・・

・自分の作品を売る時

や、

・アピールしたい○○にどう○○○○○をとればいいのか

という事は今まで考えた事もあまりなかったので改めて考えるきっかけになりました。

自分の目標を実現するために、いかにどうやってアピールするかによっていくらでも可能性は広がるんだなあと話を聞いていてワクワクしました。

今まで自分のアーティストとしての活動に具体的なアドバイスをもらう機会がなかったので、このセミナーを体験してみて、今自分が何をやっていけばいいのか知ることができました。

お話し自体も、体験を交えて話して下さったので、すごくリアルに想像する事が出来ました。

あっという間の楽しい時間ありがとうございました。

アーティストを応援するartmaniaは、『自分もセルフプロデュースをしてみたい!』『もっと作家として成長したい!』というアーティスト達に向け、アーティスト塾を開講致します。
artmania アーティスト塾【受講生募集】展覧会を開催しながら、ファンをつかみ、売れる作家になっていく為の集中講座 アーティスト塾では、アーティストのセルフプロデュースを進める講義とともに、作品販売の長期利益を出してく為の戦略の講義もカリキュラムに含まれています。企画画廊・企業との販売、所属、委託、提携などにおける契約トラブルを避ける為の契約書の書き方や種類についても学べます。さらに、実践編としてグループ展・個展が含まれておりますので、実際にどのように活動していくのか、体験を通じ、頭だけじゃなく実感で理解できるプログラムです。
講座内容(カリキュラム)/ ワークショップ全5回 + 【実習】グループ展開催 +【実習】個展開催 + 分からないこと・不安なことを講師にいつでも質問できる、助言サービス(受講期間中にメール・お電話・ギャラリーにて直接) この講座を受けてあなたが知り得る事とは / ・頑張っているのに結果がでない原因とは?・作品又はあなた自身を売り出すための戦略の方法・展覧会開催や作品を売る事への不安が無くなる・展覧会が有意義な仕事に繋がるようになる10の秘訣 講座スケジュール / カリキュラムの進行順序:【座学】ワークショップ 全5回 →【実践】グループ展 3日間 →【実践】個展 1週間 【助言サービス】分からないこと・不安なことを質問(受講期間中)※メール・お電話・ギャラリーにて直接。
【アーティスト塾】カリキュラム内容
【座学】
ワークショップ
全5回
開校日より週一回、
毎週土曜日
11:00~12:30
第一回・展覧会の年間スケジュールをたてよう
・DM作成について
第二回・個展制作の進め方
・グループ展主催のススメ
第三回・展覧会開催への不安のコントロール
・展覧会前に用意しておく○つの武器
第四回・ポートフォリオ制作虎の巻
第五回・会期終了~まだ終わっていない展覧会
【実践】
グループ展
(3日間)
座学終了後
1ヶ月後を目安
・5日間の座学の内容を踏まえて、参加者全員でグループ展を行って頂きます。
【実践】
個展
(1週間)
座学終了後
3ヶ月後を目安
・履修のまとめとして、次に繋げる個展を行って頂きます。
充実の指導サポート受講期間中はいつでも電話相談、メール相談を気軽にすることができます。
受講期間

およそ5ヶ月間

会場に関して

横浜桜木町のギャラリー『artmania cafe gallery yokohama』にて行います。
※講師が運営しているギャラリーです。

〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-122

JR桜木町駅徒歩5分


大きな地図で見る
受講料

297,000円(税込)キャンペーン中につき今だけ197,000円(税込)

※受講料は予告なく元の値段に変更、または改定する場合がございます。

定員10名
講師プロフィール 富田俊恵 - artmania cafe gallery yokohama 代表

中之条ビエンナーレ2009出展アーティスト、ギャラリスト

1963年1月18日生まれ 神奈川県横浜市出身

3歳より鴫剛に師事し幼少より美術に触れて育つ。

アーティストの声を聞き海外の顧客への紹介、
アーティスト同士の交流・情報交換の場の提供に実績を持つ。

2010年10月
artmania cafe gallery yokohamaを立ち上げ。

2011年 北仲スクール(横浜) 特別講師

2012年3月
アートフェスタ Yokohama Art Department を開催。

2012年9月
アートフェスタ Yokohama Art Department vol.2 を開催。

展覧会、ポートフォリオ制作、作品制作、活動方針についてのアドバイス・問題解決に定評あり。

講師近影

アーティスト塾 受講申し込みはコチラ

・ 次回アーティスト塾日程は→ こちら 体験講座の受講申し込みはコチラから
アーティスト塾の受講をお悩みの方を対象に、60分体験講座をご用意いたしております。

60分体験講座 参加申込みはコチラ

・ 体験講座の日程は→ こちら 体験講座の受講申し込みはコチラから

よくあるご質問

受講を決める前に、受講内容が本当に自分にとって必要かどうかを判断したいと思っています。
本受講前の「お試しコース」のようなものはありますか?

60分の体験講座がございます。

体験講座では「ポートフォリオ」を題材とした内容で、
・ポートフォリオの本当の意味
・ポートフォリオを用意する重要さ
・効果的なポートフォリオの作り方(レイアウト含む)
などを学んで頂けます。

(※体験講座では、『ポートフォリオの制作作業』はありません)

体験講座にご参加いただき、
本受講をされるかどうか、ご判断いただけますと幸いです。

体験講座日程につきましては、お問合わせください。

受講の際に審査はありますか?

ございません。
但し先着順での入学受付ですので、定員になり次第受付を終了いたします。
お早目にお申込みください。

技術や専門用語など、全くわかりませんが入学できますか?

入学して頂く際の技術や知識などは特に要求しておりませんのでご安心ください。

当講座では、作品制作の技術ではなく、作家活動における営業や契約の方法、ポートフォリオの制作といった、
作家活動における『作品制作』以外の部分で必要となる知識が学べます。

まずは、60分の体験講座を受講いただく事をお勧めいたします。
体験講座では、
・ポートフォリオの本当の意味
・ポートフォリオを用意する重要さ
・効果的なポートフォリオの作り方(レイアウト含む)
をわかりやすくご説明いたします。

授業内容を教えてください。

まずは1ヵ月半の間で、
週1回の座学講義(全5回)を受けていただきます。

この座学の期間での、
講義・質疑応答・課題を通して、
・ポートフォリオ制作
・契約書
・展覧会の進め方
・展覧会時のレイアウト
・営業方法
など、作家活動の下地になる知識を学んで頂きます。

その後、グループ展・個展の開催を通して、
(個展までは準備期間3ヶ月がございます)
受講した成果をもとに、
自分のセルフプロデュースの仕方を学ぶ体験型の講座です。

その間、ひとりひとりの状況にあわせた、
作家活動のアドバイスを丁寧にさせて頂きます。

個展終了を持って、
全工程5ヶ月間に渡るプログラムが終了し、
受講完了となります。

受講費の他、費用はかかりますか?

教材費、グループ展・個展開催時のギャラリー使用料は受講費に含まれております。

ポートフォリオ作成や
グループ展・個展のDM作成などにかかる諸経費につきましては、
受講者様にそれぞれ別途ご負担いただきます。

就職に関して相談や斡旋はしてもらえますか?

基本的に『作家のセルフプロデュース』を育成するセミナーですので、
就職の斡旋などは行えませんが、
就職に関してもこの講座内容を生かしてご自身で活用していただけます。

専門学校等での公の学生としての待遇は受けられますか?

学校法人ではありませんので学生としての公の待遇は受けることはできません。

受講料の支払いは、分割やクレジットは利用できますか?

お支払いは、受講手続き書類に明記いたします銀行口座へ、指定日までにご一括でのお支払いのみとなります。

専門学校等での公の学生としての待遇は受けられますか?

学校法人ではありませんので学生としての公の待遇は受けることはできません。

先着順とのことですが、受講を申し込んだ後に定員いっぱいになってしまっていたら、受講料は返金してもらえるのですか?

はい。既に定員に達していた場合のみ、ご返金いたします。
予めお問合せの上お申込みいただく事をおすすめいたします。
またお支払い頂いた受講料は、お申込み後のキャンセル含めどのような場合でも、一切のご返金はできかねますのでご注意くださいませ。

1回の受講時間、及び受講回数を教えてください。

座学は、
1回の受講時間は1時間半、受講回数は全5回です。

その後、準備期間を経てグループ展・個展開催までがセミナーの内容となっております。

詳しいスケジュール、教本は受講お申込み後に配布いたします。

休んだ場合、授業料は返金してもらえますか?

一旦お支払いいただいた受講料は、いかなる場合でもご返金はいたしておりません。
欠席された場合の振替受講もありませんので、必ずご出席いただく事をお勧めいたします。

ご不明点・ご相談などはお気軽に045-514-3980までご連絡ください。